更新出来るだけがんばります!

2008年01月30日

1/29(火)オトナゴハン(牡蠣の生姜焼き@葱のっけ)

1/29(火)オトナゴハン(牡蠣の生姜焼き)


 *きのこご飯(椎茸・干し椎茸・エリンギ・舞茸・油揚げ・人参)
 *お吸い物(ワカメ・かまぼこ・三つ葉・柚子の皮)
 *牡蠣の生姜焼き(牡蠣・生姜・葱)
 *酢の物(茎ワカメ・えのき)


 ※夫〜ご飯とお吸い物




 炊飯土鍋は随分と前から気になっていましたが、「やっぱり買いたい!」
 と思ったのは、テレビ番組を見てからです。
 たまたま見た「チューボーですよ」の「きのこの土鍋ご飯 」。

 それを見て、土鍋で炊いた「きのこご飯」を食べたい!と思ったのです。


 今では電気炊飯器はお蔵入りとなり、毎日美味しいご飯をいただいてますが
 そういえばまだ作ってないな・・・。


 ってことで、思い立ったら即行動!だわよ。


 美味しすぎて3杯近くも食べてしまったのは秘密。

 



 坊ちゃんリクエストが魚だったんだけど、ひかれるものがなかったので
 牡蠣を購入。

 最初は牡蠣の天ぷらにする予定だったんだけど、揚げるのが面倒になったの。


 で、たまに行く中華料理屋のメニューの牡蠣のなんちゃら(名前覚えてない)が
 頭によぎり。→


 あれって食べたことないけど美味しそうだよねぇ。→
 多分、オイスターソースとかで甘辛くしてあるんだろうなぁ。→

 今日は和食だから、生姜焼きで甘辛くしてみよう♪

 ということになりました。




かき


 @牡蠣は塩をふりかけてモミモミ、流水でキレイに洗い流す
 @キッチンペーパー等で水気を取り、酒・すりおろし生姜少々で下味

 1) 生姜焼きのタレを作る(醤油・酒・みりん・砂糖・すりおろし生姜)
 2) 下味つけた牡蠣の水気をキッチンペーパーで取り、片栗粉をまぶす
 3) サラダ油を熱したフライパンで両面を焼く
 4) 1)の合わせ調味料を絡める
 5) 葱を散らす


 ※牡蠣から水分が出やすいので、なんとなく小麦粉ではなくて
 片栗粉を使いました。

 子供にも食べやすいようにクサミを和らげるため、下味にも生姜を
 少し入れました。牛乳などでも良いかな?



 彩りが悪いと思ったので葱を散らしてみたんだけど、これが結構美味しい!
 食べる時に、更に追加しました。



 自分的には久々のヒットな品だわ!と思ったけど、白いご飯で食べたほうが
 更に美味しかったな・・・。しまった。バッド(下向き矢印)


 今度は豆板醤とか入れて、ピリ辛にしてみようかな。





 
posted by ミサキ at 11:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 魚貝料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この牡蠣すごーく美味しそう!
今晩作ってみようかなと思います。
どこかで食べた味を再現したり、
さらに工夫を重ねて美味しくできる
ミサキさんマジック。
うらやましいです。
Posted by おか様 at 2008年01月30日 12:35
凄い!牡蠣ってフライくらいしか思い浮かばない(笑)
カーテンの件。
あらコメント欄外してる?(笑)

テレテレのシルクとか光沢があって滑る素材の場合、生地の下に薄い紙を敷いて一緒にミシンかける方法があります。
後でピリピリ外せばいいの。
面倒だけどね、綺麗に出来ます。
アイロンで貼付ける「接着芯」(薄い布のようなもの)を張ってからミシンとか。(カーテンには不向きかな?)
あとは、しつけ(手でなみ縫いする仮縫い)を細かくするとか。


お料理ではありえない、ミサキさんにアドバイスする感じがもの凄い気持ちええ〜!
うふふ。
って、参考になればいいんだけど(^^;)

Posted by チャリ子 at 2008年01月30日 23:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ページのトップへ行くわよ♪