2008年01月07日

1/5(土)・1/6(日)のバンゴハン

.



 メモ


いつかめ


 *豚しゃぶ

 またかい・・・・・・な、鍋シリーズ。

 先日、母@福岡から

 「あんたのところは、いくらなんでも鍋が多すぎる。中身でも写せば?」

 と言われたので、はい。今回の材料。

 セリ・三つ葉・キャベツ・椎茸・油揚げ・竹輪
 そして六白の豚肉。



しめはぎょうざ



 *餃子


 正月のしめは餃子です。
 久しぶりだけど、毎度のメニューですわね。。。。


ちがうちがう!こうやってこうやるの!


 オチビさんにも、包むのは手伝ってもらいました。
 (100均で売ってる餃子つつみ機?でね)

 終わったら、パパが「貸して!」と、使用。

 違うよー!こうやってパタン、ね・・・・と指導しています。
 3歳児に教わる、38歳児。(あっ!年齢ばらしてごめん)




 昨年は沖縄に旅行に行ったりしましたが、今年はのんびりダラダラな正月でした。
 このだらけた1週間が、なんともいえず最高!

 ただ、夫がいて楽しく嬉しいけど(育児楽できるし)、昼ごはん考えるのが
 イヤなので、そこは困る。

 夫がいないと、適当に残り物で・・・・だもんね。
 今日から悩まずに済むのでスッキリです。





 





かいだん



 元日に二つは済ませたので、三社詣、最後です。

 初めて行った「大雄山最乗寺」。



 駐車場マチの渋滞がすごかったので、1キロほど手前の駐車場で
 降りて歩きました。

 山道と階段を。




 母は疲れた・・・・。
 息が上がりました。



 なのに、元気一杯の我が家の跡取りは・・・・・

 走りながら階段を登るというスバラシイ体力。目


 幼児だから平坦な道のりを1キロ歩くのも疲れるだろうに、坂道と階段
 だもんなぁ。
 飛び跳ねながら、走りながら、実にアッパレです。
 


ごーん



 鐘もついたよ


げた



 天狗の下駄もくぐった。




 跡取り息子、元旦は「吉」、今回は「大吉」。
 ワタシ、どっちも「小吉」。


 ちっ。バッド(下向き矢印)







posted by ミサキ at 12:03| Comment(3) | TrackBack(0) | その他料理 -和食 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あけましておめでとうございます。
今年も宜しくお願い致します。

こんな階段もすいすい上ってすごいですね。
もっくんだったら根性なしなので抱っこ要求です。
さすがに重いからパパすら抱っこしないけど。
そういえば身長同じ98cmなのにすそ上げしたこと無いなんて羨ましいわ~。
将来が楽しみね[Em136]
Posted by とらねこ at 2008年01月07日 16:17
あけましておめでとうございます。
1)赤い帽子、可愛いですね。
本年も_続きを読む_にはなるべく少年写真(たまに猫写真)をお願いします。
(我が家でも弦樹くんの写真でいつもたくさん元気もらってます!)

2)タイトル変更もそろそろ(余計なお世話ながら)考えねばなりませんね(?)。
「手抜きゴハン+若旦那」などいかがでしょう(半分冗談ですが半分マジメに)。
連日毎晩のゴハンには「手抜き」は主婦の生活の知恵として必要なテクニックです。
気楽にいきましょう!喜楽に更新お願いします。

3)おもちゃ。いつも沢山のおもちゃに囲まれて良いですね。
過去の弦樹くんの「作品群」を見ると、ぜひおすすめしたいのが「ブロック」です。
(レゴでもダイヤブロックでも良いと思います。)
なぜって・・・自分自身のガキの頃の思い出にブロックで遊んだことが印象強く残っているからです。
(って私、すでにご主人より少し年上ですが)
弦樹くんがお母さんから受け継いだ創作DNAを情操豊かに育てながら
きっと素晴らしい作品と思い出を創ってくれることでしょう。

新年早々乱文長文失礼しました。本年もよろしくお願いします。
Posted by コネホ at 2008年01月07日 16:51
ウチも鍋多いです~
だって、作るの簡単、片付け簡単なんだも~ん。
だが、中身はいつも同じ・・・(汗)
よし!明日は「かまぼこ」入れる!!

すそ上げ無しなんて うひゃ~
自慢するべきだ、自慢するべきざます。 
私は親を恨むよぉぉぉ
ん?親を恨む前に 太さを長さに変える努力をしろ?
うへへ、それを言っちゃぁダメダメ(笑)

小吉続きのおみくじに「ちっ。」
ぎゃはは 笑った~
そりゃ 悔しいですよね 隣で「吉」→「大吉」と昇進(?)されちゃ~ うぷぷ

今年もよろしくお願いします。
しょっぱなからパワーいただいて 元気出ましたよ~
Posted by ココ at 2008年01月07日 22:02
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック